« 来し方と行く末は地より湧く雲の川面に映り迫り来る今 | トップページ | 世の中は二割の嘘を含みつつ川の流れのごとく行き過ぐ »

2010年7月 9日

降る雨は土を濡らせど紫陽花の色に届かぬ頃となりたり


Wl100709

晴れたのは昨日だけで、また梅雨空が続いている。九州なんて、もう地面が水を吸いすぎて、とっぷんとっぷんしてるんじゃあるまいか。

梅雨はまだまだ明けそうにないのに、アジサイの季節は終わろうとしている。シャーベットのようにみずみずしかった色が、だんだんひからびてきた。

今年の夏は、本当にどんな夏になるのやら。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 来し方と行く末は地より湧く雲の川面に映り迫り来る今 | トップページ | 世の中は二割の嘘を含みつつ川の流れのごとく行き過ぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 降る雨は土を濡らせど紫陽花の色に届かぬ頃となりたり:

« 来し方と行く末は地より湧く雲の川面に映り迫り来る今 | トップページ | 世の中は二割の嘘を含みつつ川の流れのごとく行き過ぐ »