« 湿り気をとつぷりと帯びし世の中はどろんと垂れて変わらざるなり | トップページ | 雨よりも熱き雫を両目より流し頷きくれし吾妹子 »

2010年7月12日

夏の宵仰ぎて見れば何物も後光をもちて光りゐるなり


Wl100712

そういえば、心持ち日の入りが早くなってきた。七時半すぎに取手駅に着いたときには、もうすっかり暗くなっていた。

明後日からの一泊二日の九州出張のための航空券はずっと前から手配済みだが、現地の特急券を予約するのを忘れていて、今日あわてて予約した。

旧盆の一ヶ月前だからスカスカで、あっさりと取れた。写真は取手駅の階段下から駅舎を仰ぎみたところ

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 湿り気をとつぷりと帯びし世の中はどろんと垂れて変わらざるなり | トップページ | 雨よりも熱き雫を両目より流し頷きくれし吾妹子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の宵仰ぎて見れば何物も後光をもちて光りゐるなり:

« 湿り気をとつぷりと帯びし世の中はどろんと垂れて変わらざるなり | トップページ | 雨よりも熱き雫を両目より流し頷きくれし吾妹子 »