« 眩暈するほどの日差しにぶら下がり鬼百合てふはかくも俯く | トップページ | 雨待てどひむがしの空に稲妻の光るのみなり虚しきまでに »

2010年7月23日

一瞬の初鳴き聞こえ見上ぐれど夜蝉の見ゆるはずもなきなり


Wl100723

今日は夜に食事会があり、遅くなってから取手駅にたどり着いた。

駅から駐車場の道をたどると、草むらから虫の声が聞こえるが、ふいに頭の上から一瞬だけ蝉の 「ジジッ」 という声が聞こえた。つくば・取手近辺では、この夏初めて聞いた蝉の声である。

都会では夜でも明るい街頭やネオンが点いているので、蝉は昼と勘違いして鳴くのだそうだ。私はこれを近頃、「夜蝉 (よぜみ)」 と読んでいる。そのうち広辞苑に載せたいとまで思っている。今のところは、「よぜみ」 と入力して変換すると 「代ゼミ」 としか出てこないのが哀しいが。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 眩暈するほどの日差しにぶら下がり鬼百合てふはかくも俯く | トップページ | 雨待てどひむがしの空に稲妻の光るのみなり虚しきまでに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一瞬の初鳴き聞こえ見上ぐれど夜蝉の見ゆるはずもなきなり:

« 眩暈するほどの日差しにぶら下がり鬼百合てふはかくも俯く | トップページ | 雨待てどひむがしの空に稲妻の光るのみなり虚しきまでに »