« 夏の宵仰ぎて見れば何物も後光をもちて光りゐるなり | トップページ | 久方の雨降る中を益荒男は山笠担ぎ駆け抜くるらむ »

2010/07/13

雨よりも熱き雫を両目より流し頷きくれし吾妹子


Wl100713

Twitter で私がフォローしている中では一番年が若いんじゃあるまいかと思うのだが、釘 (@kugi_niji) さんという女性がいる。

彼女が今日の夕方、「梅雨に枝垂れる 眼が濡れる 頭の先から藤の雨」 という短詩を tweet していたのにインスパイアされて、「ぬしと見上げる藤棚越しの雨ぢや涙のはずがない」 という都々逸を返したら、結構喜んでくれた。

相聞歌の極端に少ない私だが、時にはこのぐらいの艶っぽい都々逸を作るのである。

で、今日はいっそのことこれで行こうかと、一瞬思ってしまったが、やっぱり三十一文字のサイトに都々逸では具合が悪いので、少しアレンジしてみた。

ま、なんというか、妻に 「一緒に暮らそう」 と言った時のことを思い出して詠んでみたわけである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 夏の宵仰ぎて見れば何物も後光をもちて光りゐるなり | トップページ | 久方の雨降る中を益荒男は山笠担ぎ駆け抜くるらむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨よりも熱き雫を両目より流し頷きくれし吾妹子:

« 夏の宵仰ぎて見れば何物も後光をもちて光りゐるなり | トップページ | 久方の雨降る中を益荒男は山笠担ぎ駆け抜くるらむ »