« 雨待てどひむがしの空に稲妻の光るのみなり虚しきまでに | トップページ | 夕立はアスファルトさらに縁石を冷やして遠きガソリンスタンドの灯 »

2010年7月25日

雨を待つ世界を冷やす雨を待ついかに冷ゆるか我は知らねど


Wl100725

今日は本当に朝から晩まで仕事。土日関係なし。日が暮れかけた頃から、少し涼しくなってきた。雨が降るのかもしれない。

空の具合が、何となく湿り気をしっかりと帯びた様相になってきた。一雨降ってくれれば少しは世の中が冷やされるのかもしれないが、天気予報では明日のつくば周辺の最高気温は三十四度。その次は二日連続三十六度になっている。むむう、焼け石に水のようだ。

今年の夏は電気代が上がりそうだなあ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 雨待てどひむがしの空に稲妻の光るのみなり虚しきまでに | トップページ | 夕立はアスファルトさらに縁石を冷やして遠きガソリンスタンドの灯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨を待つ世界を冷やす雨を待ついかに冷ゆるか我は知らねど:

« 雨待てどひむがしの空に稲妻の光るのみなり虚しきまでに | トップページ | 夕立はアスファルトさらに縁石を冷やして遠きガソリンスタンドの灯 »