« 見上ぐれば雲切れかけてサッカーの選手戻りたる年半ばなり | トップページ | 宇宙をば彼方に見れば大いなるスポンジなるか紫陽花は咲く »

2010年7月 2日

夕立の通り過ぎたる国道の向こうに霞むガソリンスタンド


Wl100702

日が暮れた取手駅に降りたら、駅前の道が濡れていた。夕立が降り止んだばかりらしい。

コンビニのガラスの内側にびっしりと水滴がついて、曇りガラスになっている。ものすごい湿気だ。

写真は雨に濡れた国道六号線の向こう側にあるガソリンスタンド。あまりの湿度に、すべてがかすんで見える。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 見上ぐれば雲切れかけてサッカーの選手戻りたる年半ばなり | トップページ | 宇宙をば彼方に見れば大いなるスポンジなるか紫陽花は咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕立の通り過ぎたる国道の向こうに霞むガソリンスタンド:

« 見上ぐれば雲切れかけてサッカーの選手戻りたる年半ばなり | トップページ | 宇宙をば彼方に見れば大いなるスポンジなるか紫陽花は咲く »