« 久方の雨降る中を益荒男は山笠担ぎ駆け抜くるらむ | トップページ | 駅前の広場に椋鳥の声溢れ影の行き交ふ頃となりたり »

2010年7月15日

男らの駆け抜けし街に山土をしとどに溶かし那珂川流る


Wl100715

九州での仕事は順調に終わり。今、福岡空港で搭乗待ちである。ほどなく搭乗できそうだ。

心配された雨だが、今日の ”Today's Crack" に書いたとおり、ほとんど影響を受けなかった。自らの晴れ男ぶりがありがたい。

写真は、博多の那珂川。これでも昨日よりずっと水量が減ったらしい。山の斜面の土を一杯に溶かし込んだ泥水色である。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 久方の雨降る中を益荒男は山笠担ぎ駆け抜くるらむ | トップページ | 駅前の広場に椋鳥の声溢れ影の行き交ふ頃となりたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男らの駆け抜けし街に山土をしとどに溶かし那珂川流る:

« 久方の雨降る中を益荒男は山笠担ぎ駆け抜くるらむ | トップページ | 駅前の広場に椋鳥の声溢れ影の行き交ふ頃となりたり »