« 降るはずの雨降らざりき犬も猫も人もまた街も夏に包まる | トップページ | 七月の暮れゆく空ににいにいと油蝉との声渡り行く »

2010年7月31日

夏空を突き抜けて行くものありて地に残る我に降らす幸ひ


Wl100731

一日半ぐらい、少しは気温の低い状態が続いたが、今日はまた、すっかり暑さが戻った。朝から、何もしなくても汗の噴出する陽気である。

しかし、今日は仕事で走ったところが田舎道だったので、なかなかいい気持ちになれた。森林の空気はなかなかいい。

写真の空は、気持ちのいい夏空である。フィトンチッド一杯の景色だ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 降るはずの雨降らざりき犬も猫も人もまた街も夏に包まる | トップページ | 七月の暮れゆく空ににいにいと油蝉との声渡り行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏空を突き抜けて行くものありて地に残る我に降らす幸ひ:

« 降るはずの雨降らざりき犬も猫も人もまた街も夏に包まる | トップページ | 七月の暮れゆく空ににいにいと油蝉との声渡り行く »