« 一夏のうちの十日を限りとし鳴き尽くさむとひたに鳴く蝉 | トップページ | 夏の日の暮るる時こそ一人なれ痩せたる高校生の影遠ざかる »

2010年8月 3日

軒下にぶら下がり涼むかまきりの背後にはただ青き夏空


Wl100803

縁側のひさしにぶら下げた洗濯物を吊るための針金フックに、カマキリがぶら下がって涼んでいる。

珍しい画像になりそうなのでカメラのレンズを思い切り近づけて接写しようとすると、鎌をもたげて威嚇してきた。液晶で見ると、なかなかの迫力である。

カマキリの向こうにはどこまでも青い空が広がり、地平線から湧き上がる入道雲を支えている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 一夏のうちの十日を限りとし鳴き尽くさむとひたに鳴く蝉 | トップページ | 夏の日の暮るる時こそ一人なれ痩せたる高校生の影遠ざかる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軒下にぶら下がり涼むかまきりの背後にはただ青き夏空:

« 一夏のうちの十日を限りとし鳴き尽くさむとひたに鳴く蝉 | トップページ | 夏の日の暮るる時こそ一人なれ痩せたる高校生の影遠ざかる »