« 湾岸に湧く雲もなし旅客機の光る白さよ行かざる夏よ | トップページ | ひむがしの空の低きに出でし月を何処の人ぞ立ちて待ちたる »

2010年8月25日

熱帯夜の縁より湧ける伏流水の如き涼風を待ちゐたるなり


Wl100825

日中は嫌になるほど熱いが、日が暮れてからは少しは涼しくなっているような気がする。六時半をすぎると世の中が薄暗くなり始め、七時になるともうすっかり夜だ。

このくらい日が暮れたら、いつもの年ならもっとずっと秋の気配が漂っていてもいいのだが、今年はまだまだである。天気予報をみると、東京は今月いっぱい熱帯夜が続く。

来月になると途切れるのかというとそうではない。来月の予報がまだ出ていないので、わからないだけだ。おそらくまだまだ続くのだろう。

そこに行くと、つくば周辺は最低気温が二十三度とか二十四度とかで、辛うじて熱帯夜ではなくなってきた。ありがたいことである。気の毒なのは、都内在住の人たちだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 湾岸に湧く雲もなし旅客機の光る白さよ行かざる夏よ | トップページ | ひむがしの空の低きに出でし月を何処の人ぞ立ちて待ちたる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱帯夜の縁より湧ける伏流水の如き涼風を待ちゐたるなり:

« 湾岸に湧く雲もなし旅客機の光る白さよ行かざる夏よ | トップページ | ひむがしの空の低きに出でし月を何処の人ぞ立ちて待ちたる »