« 暑き日を浴び浴びてその実の内に結び尽くして堅き南瓜よ | トップページ | 北に逃ぐる人はそれぞれのローカル線に吸ひ込まれ人の顔取り戻す »

2010年8月30日

この夏の稲穂の重く垂るるなり野分の風も知らざるままに


Wl100830

今年は猛暑のせいか、稲の稔るのが早いなと思っていたら、もう稲刈りが始まっている。家の近くの田んぼも、稲の穂が見るからに重そうだ。

今年は豊作なんだろう。しかし、稲は豊作でも野菜がおかしくなっているみたいで、ジャガイモでもかぼちゃでも、見事に大きく育っているというのが少ない。

天気予報をみても、これからまだまだ暑そうだ。本当に体力温存しとかないとヤバイという気がしてきた。空模様は真夏のままで、秋の実りという話になってしまっている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 暑き日を浴び浴びてその実の内に結び尽くして堅き南瓜よ | トップページ | 北に逃ぐる人はそれぞれのローカル線に吸ひ込まれ人の顔取り戻す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この夏の稲穂の重く垂るるなり野分の風も知らざるままに:

« 暑き日を浴び浴びてその実の内に結び尽くして堅き南瓜よ | トップページ | 北に逃ぐる人はそれぞれのローカル線に吸ひ込まれ人の顔取り戻す »