« その昔我は都の端にゐて盗賊をすることのありしか | トップページ | たつぷりと湿る世界を雲間より朧に照らす十二夜の月 »

2010年8月20日

上野山さしもの夏も揺らぎゐて宵の風にぞ人は吹かるる


Wl100820

昨日まであの暑い京都にいたので、東京が妙に涼しく感じられる。朝に天気予報をみたら、東京の最高気温は京都のそれより三度低い。

真昼に外を歩いても、コンクリートの照り返しが京都ほどではない。汗が噴出しないで済む。

日が暮れてからは暑苦しいという感じはない。気付いてみれば今日は八月の二十日。東北では小学校の夏休みが終わる時期である。

上野駅の常磐線ホームから見渡すと、夏の終わりらしい雰囲気が漂い始めている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« その昔我は都の端にゐて盗賊をすることのありしか | トップページ | たつぷりと湿る世界を雲間より朧に照らす十二夜の月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上野山さしもの夏も揺らぎゐて宵の風にぞ人は吹かるる:

« その昔我は都の端にゐて盗賊をすることのありしか | トップページ | たつぷりと湿る世界を雲間より朧に照らす十二夜の月 »