« 夏空よりぽとり落ち来て死ぬる蝉の如く切なく人を恋ふ君 | トップページ | 熱帯夜の縁より湧ける伏流水の如き涼風を待ちゐたるなり »

2010年8月24日

湾岸に湧く雲もなし旅客機の光る白さよ行かざる夏よ


Wl100824

今日もものすごい上天気。朝のうちはちょっと雲が多かったので、それほど気温が上がらずに済むかと期待したが、いつの間にか快晴になって、やっぱり汗が噴き出した。

写真は東京ベイエリア、有明の風景。「ゆりかもめ」 の国際展示場正門という駅舎がみえる。

写真では雲が全然見えない。本当にもう、一雨欲しいぐらいのところだが、なかなか降ってくれない。向こう一週間の天気予報をみても、傘のマークが全然ない。

まだまだしばらくは暑さに耐えなければならないようだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 夏空よりぽとり落ち来て死ぬる蝉の如く切なく人を恋ふ君 | トップページ | 熱帯夜の縁より湧ける伏流水の如き涼風を待ちゐたるなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湾岸に湧く雲もなし旅客機の光る白さよ行かざる夏よ:

« 夏空よりぽとり落ち来て死ぬる蝉の如く切なく人を恋ふ君 | トップページ | 熱帯夜の縁より湧ける伏流水の如き涼風を待ちゐたるなり »