« 能登の海渡る野分の先触れの雲に隠るる鳥海の峰 | トップページ | 盂蘭盆の見えぬ夕日の傾けば世界を浸す蒼き夕暮れ »

2010年8月13日

喉鳴らし膝に擦り寄る盆の猫森羅万象我がものとして


Wl100813

昼過ぎに酒田を発ち、途中で食事をして、八時半頃に自宅に戻った。一般の帰省ラッシュとは逆方向なので、高速道路はもっと空いていると思っていたが、実際には案外混雑したので、ほとんど一般道を通って帰ってきた。

私は混雑した高速道を通るぐらいなら、一般道の方がいいというタイプの人間である。その方が、いろいろな発見があって楽しいし。

家に着いたら、猫がゴロゴロ喉を鳴らして甘えかかってきた。三日間、寂しい思いをしていたらしい。娘たちが留守番していたとはいえ、昼間は外に出ているので、しんとしてしまっているし。

 

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 能登の海渡る野分の先触れの雲に隠るる鳥海の峰 | トップページ | 盂蘭盆の見えぬ夕日の傾けば世界を浸す蒼き夕暮れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喉鳴らし膝に擦り寄る盆の猫森羅万象我がものとして:

« 能登の海渡る野分の先触れの雲に隠るる鳥海の峰 | トップページ | 盂蘭盆の見えぬ夕日の傾けば世界を浸す蒼き夕暮れ »