« 窓の外に京の都の暑き日を眺めてすする麦茶冷たし | トップページ | その昔我は都の端にゐて盗賊をすることのありしか »

2010年8月18日

高き日の京に落とせる影もまた果てなき時の彼方の白さ


Wl100818

京都の町並みは不思議なところがある。とくに夏の日の白い光の中でみると、それをしみじみと感じる。

この白い光は、歴史の彼方から発している光のような気がしてくるのである。そして、その白さの背後に、いろいろな情念がとぐろを巻いているのだが、それをつんととぼけているところがすごい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 窓の外に京の都の暑き日を眺めてすする麦茶冷たし | トップページ | その昔我は都の端にゐて盗賊をすることのありしか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高き日の京に落とせる影もまた果てなき時の彼方の白さ:

« 窓の外に京の都の暑き日を眺めてすする麦茶冷たし | トップページ | その昔我は都の端にゐて盗賊をすることのありしか »