« 夏の日の暮るる時こそ一人なれ痩せたる高校生の影遠ざかる | トップページ | 六十五年前突如として広島に湧きたる雲の黒さを思ふ »

2010年8月 5日

路地裏に残る火照りよ遠き日よ何もかも皆西へと沈め


Wl100805a

今日も暑さは相変わらず。何もしなくても汗の噴き出る朝も相変わらず。何故、こんな暑い日に男は長ズボンをはいて靴下はいて仕事をしなければならんのだ。日本の夏は熱帯より厳しいというのに。

日向を歩くと気が遠くなりそうになるが、日陰は案外風も渡って、なんとかなる。こうでなければ、熱中症患者が続出する。

写真は夕方の秋葉原の景色。西日がビルの彼方に沈もうとするところ。路地にはまだまだ火照りが残っている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 夏の日の暮るる時こそ一人なれ痩せたる高校生の影遠ざかる | トップページ | 六十五年前突如として広島に湧きたる雲の黒さを思ふ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路地裏に残る火照りよ遠き日よ何もかも皆西へと沈め:

« 夏の日の暮るる時こそ一人なれ痩せたる高校生の影遠ざかる | トップページ | 六十五年前突如として広島に湧きたる雲の黒さを思ふ »