« この夏の稲穂の重く垂るるなり野分の風も知らざるままに | トップページ | 百年の後の地球の夏の日の積乱雲を今見上ぐなり »

2010年8月31日

北に逃ぐる人はそれぞれのローカル線に吸ひ込まれ人の顔取り戻す


Wl100831

もう言うまでもなく、今日もまた暑い一日だった。午後六時の上野駅は帰宅する人の人いきれに満ちている。

上野駅から北に向かう人たちは、都会の熱気から逃げようとしているように、それぞれのローカル線のホームに向かう。

今日で八月も終わり。明日から九月だが、まだまだ涼しくなりそうな気配はない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« この夏の稲穂の重く垂るるなり野分の風も知らざるままに | トップページ | 百年の後の地球の夏の日の積乱雲を今見上ぐなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北に逃ぐる人はそれぞれのローカル線に吸ひ込まれ人の顔取り戻す:

« この夏の稲穂の重く垂るるなり野分の風も知らざるままに | トップページ | 百年の後の地球の夏の日の積乱雲を今見上ぐなり »