« 六十五年前突如として広島に湧きたる雲の黒さを思ふ | トップページ | 子は眠り猫も鳴かざる蒼天に様々の蝉ひたすらに鳴く »

2010年8月 7日

風渡る堰の水面の片隅に秋生まるれど留まるを知らず


Wl100807a

半ドンの予定だった仕事が長引いて、二時までかかった。引き上げてくるときにちょっと遠回りして、岡堰を通ってきた。

岡堰は農業用水を貯めておく堰。秋になると水を放流して、半分以上は水底が現れるが、今はまだ満々と水を湛えている。

日差しは強烈だが、何となく立秋になったような気にもなる風景である。とはいえ、まだカテゴリーを 「秋の歌」 とする気にはなれない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 六十五年前突如として広島に湧きたる雲の黒さを思ふ | トップページ | 子は眠り猫も鳴かざる蒼天に様々の蝉ひたすらに鳴く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風渡る堰の水面の片隅に秋生まるれど留まるを知らず:

« 六十五年前突如として広島に湧きたる雲の黒さを思ふ | トップページ | 子は眠り猫も鳴かざる蒼天に様々の蝉ひたすらに鳴く »