« 熱き風吹き抜くる先なきままの停車場に射す名月の影 | トップページ | 国道の端にこそ咲け蕎麦の花真白なれどもかくも目立たず »

2010年9月23日

細れ波立つ白鷺の脚細し秋は冷たく不意に来にけり


Wl100923

昨日の暑さとはうって変わった肌寒さである。前線一本を境に、空気というのはこんなに変わってしまうものかと驚く。

裏の川も秋の様相になった。水量が減って、向こう側の川底が現れている。現れているのは、川幅を広げたときに掘った部分で、元は土手だったところだ。

その水と川底の境目に、一羽の白鷺がずっとたたずんでいる。秋の白鷺は寂しい。急に秋になったので、その寂しさが際だつ。

「細れ波」 は 「さざれなみ」 と読む。「立つ」 にかかる枕詞だが、たまたま実際の光景とぴったり重なった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 熱き風吹き抜くる先なきままの停車場に射す名月の影 | トップページ | 国道の端にこそ咲け蕎麦の花真白なれどもかくも目立たず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 細れ波立つ白鷺の脚細し秋は冷たく不意に来にけり:

« 熱き風吹き抜くる先なきままの停車場に射す名月の影 | トップページ | 国道の端にこそ咲け蕎麦の花真白なれどもかくも目立たず »