« 暑き日の磐城に暮れて常陸なる蕎麦の香りを吸ひて戻りぬ | トップページ | 終はらんとするかかくまで燃えし夏よ木槿の花の少なき夏よ »

2010年9月 6日

夏の居間に庭の草いきれ持ち込みて鎌もたげゐる緑の蟷螂


Wl100906

朝、我が家のテーブルに見慣れない客がいた。どこから入ってきたものか、一匹のカマキリがいる。

せっかくのお客様だから、ご芳名帳代わりに写真を撮ろうとしたら、鎌をもたげて威嚇体勢に入っている。なかなかのオーラだ。

あまり家の中にいると、我が家の猫の餌食になってしまうから、早々に窓の外に放り出してやった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 暑き日の磐城に暮れて常陸なる蕎麦の香りを吸ひて戻りぬ | トップページ | 終はらんとするかかくまで燃えし夏よ木槿の花の少なき夏よ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の居間に庭の草いきれ持ち込みて鎌もたげゐる緑の蟷螂:

« 暑き日の磐城に暮れて常陸なる蕎麦の香りを吸ひて戻りぬ | トップページ | 終はらんとするかかくまで燃えし夏よ木槿の花の少なき夏よ »