« 涼風を呼ぶは日暮れて降る雨か夏に倦みたる人の心か | トップページ | ビル影の細き谷間を埋め尽くす雲居も染めで沈む日の秋 »

2010年9月14日

日暮れより風に揺れたる木槿の枝に白き花こそ増えたりと見ゆれ


Wl100914

朝は涼しかったが、昼は例によって暑かった。「なんだ、暑さは収まらないじゃないか」 と思ったが、四時頃から急に北風が吹き始めて空気が変わった。夕方になると、肌寒いぐらいになった。

おりしも、民主党代表選で菅さんが圧倒的な差で勝利したと聞いて、ますます肌寒さを感じた。

写真は我が家の裏手の土手に生えているムクゲ。一番暑い盛りは花が少なかったが、近頃少し増えてきた。やはり、あまり暑すぎると花も開きたくなくなるもののようだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 涼風を呼ぶは日暮れて降る雨か夏に倦みたる人の心か | トップページ | ビル影の細き谷間を埋め尽くす雲居も染めで沈む日の秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日暮れより風に揺れたる木槿の枝に白き花こそ増えたりと見ゆれ:

« 涼風を呼ぶは日暮れて降る雨か夏に倦みたる人の心か | トップページ | ビル影の細き谷間を埋め尽くす雲居も染めで沈む日の秋 »