« ビル影の細き谷間を埋め尽くす雲居も染めで沈む日の秋 | トップページ | 葡萄吸へば冷たき舌の如きもの吾が熱き舌を舐め喉を押し開く »

2010年9月16日

濡れ縁の一枚板に夏の日の炎を埋めて雨は過ぎたり


Wl100916

写真は、我が家の濡れ縁に置いてある分厚い一枚板の台。義父が木工用に使っていたものだ。値段を付ければ結構高いものになるかもしれないが、もったいないことに、無造作に濡れ縁に放置してある。

さすがに一枚板なので、感触が柔らかで快適である。いつもは猫が日向ぼっこの特等席にしている。

この一枚板がこの夏の炎暑で乾ききり、表面に微妙な凹凸が生じていた上に、今朝の大雨が降りかかったので、なかなかおもしろい模様ができている。描いてできるような模様じゃない。消えてしまう前に、写真に撮っておいた。

それにしても、昼前までの雨はすごかった。近頃、本当に転機が極端から極端に振れてしまうようで、降らないとなると一ヶ月以上もカンカン照りだが、降るとなるとこんな大雨になる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« ビル影の細き谷間を埋め尽くす雲居も染めで沈む日の秋 | トップページ | 葡萄吸へば冷たき舌の如きもの吾が熱き舌を舐め喉を押し開く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 濡れ縁の一枚板に夏の日の炎を埋めて雨は過ぎたり:

« ビル影の細き谷間を埋め尽くす雲居も染めで沈む日の秋 | トップページ | 葡萄吸へば冷たき舌の如きもの吾が熱き舌を舐め喉を押し開く »