« 国道の端にこそ咲け蕎麦の花真白なれどもかくも目立たず | トップページ | 宵闇の中に浮き立つスーパーの中で浮き立つ新米を求む »

2010年9月25日

黄昏を染めて滲みて秋色は深まりてまた薄れ行くなり


Wl100925_2

今日は本当に穏やかな日だった。もっとも、夜中には雨が降っていて、朝のうちもずいぶんどんよりとして風も強かったが、昼からはいかにも秋の日和になった。

一昨日から雨が断続的に降ったので、裏の川の水かさも増えた。夕暮れの日差しを受けて、世界が秋色になっている。

近頃は春と秋の期間が短めで、あっという間に夏と冬になってしまうので、しっかりと楽しんでおこう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 国道の端にこそ咲け蕎麦の花真白なれどもかくも目立たず | トップページ | 宵闇の中に浮き立つスーパーの中で浮き立つ新米を求む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏を染めて滲みて秋色は深まりてまた薄れ行くなり:

« 国道の端にこそ咲け蕎麦の花真白なれどもかくも目立たず | トップページ | 宵闇の中に浮き立つスーパーの中で浮き立つ新米を求む »