« 風吹けば時ぞ移ろふ今まさに時移ろはす風吹き渡る | トップページ | 日暮れより風に揺れたる木槿の枝に白き花こそ増えたりと見ゆれ »

2010年9月13日

涼風を呼ぶは日暮れて降る雨か夏に倦みたる人の心か


Wl100913

先週までの天気予報では、猛暑は日曜までで週明けは少しは涼しくなるはずだったのだが、一日延びてしまって、今日まで暑い日になってしまったようだ。確かに、かなり暑い日だった。

それどころか、ここ数日と違い、日が暮れてしまってからも蒸し暑い。上野駅のコンコースもむっとするような人いきれだ。本当に明日は涼しくなるんだろうなと言いたくなるほどだ。

それでも、熱帯夜からはしばらく解放されているので、寝苦しさはなくなった。本当に体に応えるのは、最高気温よりも最低気温なのかもしれない。

そうこうしながら九時頃に取手駅に着いたら、地面がしとどに濡れている。雨が降っていたようだ。これで少しは地面が冷えたかもしれない。

【追記】

この和歌日記をアップした直後からものすごい雷雨になって、二時間近く絶え間なしの稲妻と雷鳴に包まれた。これでだいぶ冷えたような気がする。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 風吹けば時ぞ移ろふ今まさに時移ろはす風吹き渡る | トップページ | 日暮れより風に揺れたる木槿の枝に白き花こそ増えたりと見ゆれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼風を呼ぶは日暮れて降る雨か夏に倦みたる人の心か:

« 風吹けば時ぞ移ろふ今まさに時移ろはす風吹き渡る | トップページ | 日暮れより風に揺れたる木槿の枝に白き花こそ増えたりと見ゆれ »