« それぞれの虫は他を通低音として夜明けまでびたに鳴くなり | トップページ | 日暮れても開け放ちたる窓越しの彼岸の風を分くる虫の音 »

2010年9月19日

よくぞ無事で乗り切りたるとこの夏を思ひ返して彼岸となりたり


Wl100919

適当に天気がよく、適当に暑いような気もした一日が終わろうとしている。

世間は三連休の二日目だが、私にはそんなものは関係ない。写真は、一日仕事ででかけていて、夕飯を食べに寄ったショッピングセンターの駐車場だ。

明日は秋分の日。「暑さ寒さも彼岸まで」 というが、今年は珍しくそのような気がする。いや、まだ十分に暑いのだが、夏本番が暑すぎたので、暑さが終わりかけているように錯覚してしまう。

久しぶりにあった友人と、「よくぞ無事で夏を乗り切ったね」 と、祝福し合う今日この頃である。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« それぞれの虫は他を通低音として夜明けまでびたに鳴くなり | トップページ | 日暮れても開け放ちたる窓越しの彼岸の風を分くる虫の音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よくぞ無事で乗り切りたるとこの夏を思ひ返して彼岸となりたり:

« それぞれの虫は他を通低音として夜明けまでびたに鳴くなり | トップページ | 日暮れても開け放ちたる窓越しの彼岸の風を分くる虫の音 »