« 秋の暮れ恋ふ人もなく沈むでもなく街の灯を浴びて歩かむ | トップページ | 越前の深まる秋の週末の夜空を染むる祭りの光 »

2010年10月22日

日を知るといふ名の橋を仰ぎ見て旅行く先の空を偲べり

Looking up the Hijiribashi / Or whether forecasting bridge / Thought of the sky of the strange land


Wl101022

御茶ノ水駅のプラットフォームからみた聖橋である。私はこの橋をかなり贔屓にしている。近くを通りかかりさえすれば、写真に撮りたくなる。

聖橋の 「聖 (ひじり)」 とは、「日を知る」 というのが語源と言われている。

今日は曇りがちで気温もあまり上がらず、明日も二十二度ぐらいにしかならないという予報だ。しかし、明日私は福井県に出張する。インターネットで福井の天気をみると、明日は二十三度まで上がるらしい。福井の方が気温が高いとは意外である。

明後日の帰り道では京都に寄って、お寺巡りをしようと思っている。京都は明後日、二十四度まで気温が上がるようだ。今度の出張は寒さの心配はしなくてもよさそうだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 秋の暮れ恋ふ人もなく沈むでもなく街の灯を浴びて歩かむ | トップページ | 越前の深まる秋の週末の夜空を染むる祭りの光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日を知るといふ名の橋を仰ぎ見て旅行く先の空を偲べり:

« 秋の暮れ恋ふ人もなく沈むでもなく街の灯を浴びて歩かむ | トップページ | 越前の深まる秋の週末の夜空を染むる祭りの光 »