« ふるさとの新米炊けばふるさとの移り香のして秋の夜は更く | トップページ | 越前の土産の菓子は木枯らしの吹く日に残り二つとなりぬ »

2010年10月27日

松茸を千円で売ると呼ぶ声を残し上野の風は吹き過ぐ


Wl101027

朝から肌寒い一日となった。ついこないだまで 「ちょっと晴れればすぐ夏日」 なんて言ってたのだが、今は、「ちょっと吹けばすぐ冬の寒さ」 だ。

今日は出先から都営地下鉄大江戸線で上野御徒町という駅まで戻ってきたので、とっぷり日の暮れたアメ横を JR 上野駅まで歩いた。

夕方過ぎのアメ横は、松茸が三つで千円とか、大きなウナギの蒲焼きが八百円とか、やたらと安くなっている。つい心が動きそうになるが、まあ、別に必需品ってわけじゃないから、眺めるだけで通り過ぎる。

その代わり、アメ横の端にあるヨドバシカメラで、USB ハブ千二百八十円を買って帰った。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« ふるさとの新米炊けばふるさとの移り香のして秋の夜は更く | トップページ | 越前の土産の菓子は木枯らしの吹く日に残り二つとなりぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松茸を千円で売ると呼ぶ声を残し上野の風は吹き過ぐ:

« ふるさとの新米炊けばふるさとの移り香のして秋の夜は更く | トップページ | 越前の土産の菓子は木枯らしの吹く日に残り二つとなりぬ »