« 越前の深まる秋の週末の夜空を染むる祭りの光 | トップページ | 神田川水の流れもビル影もふと止まりゐる秋の夕暮れ »

2010年10月24日

牛を忘れ忘れし身をも忘れ果て還りゆく地をみるけふの道

In Kyoto, somebody is back / from forgetting himself  / who has searched and found the Bull


Wl101024

今日は京都の寺巡り。とはいえ、いつものように五つも六つも大急ぎで廻るというのではなく、相国寺、東本願寺、東寺の三寺だけ。とくに相国寺に三時間以上いて、禅宗の美を堪能した。

詳しいことは ”Today's Crack" の方の記事に書いたので、ここでは長々と繰り返さないが、私としては近頃訪れたお寺さんのヒットは、東福寺と相国寺だと思う。それもそのはずで、両方ともは京都五山に入っていて、第二位と四位なんだそうだ。ちなみに、南禅寺は別格。

京都の禅寺は、圧倒的に臨済宗が多い。東北は曹洞宗が多くて、私の父方の祖父も曹洞宗の坊主で、永平寺で長年修行した。永平寺と言えば、昨日までは福井にいたので、すぐそばまで行ったわけである。また行ってみたいなあ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 越前の深まる秋の週末の夜空を染むる祭りの光 | トップページ | 神田川水の流れもビル影もふと止まりゐる秋の夕暮れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牛を忘れ忘れし身をも忘れ果て還りゆく地をみるけふの道:

« 越前の深まる秋の週末の夜空を染むる祭りの光 | トップページ | 神田川水の流れもビル影もふと止まりゐる秋の夕暮れ »