« 神田川水の流れもビル影もふと止まりゐる秋の夕暮れ | トップページ | 松茸を千円で売ると呼ぶ声を残し上野の風は吹き過ぐ »

2010年10月26日

ふるさとの新米炊けばふるさとの移り香のして秋の夜は更く

Cooked homeland's rice / Breathed homeland's scent / Autumn evening never gets late


Wl101026

山形県の新しいお米、「つや姫」 を炊いて、初めて食した。

先週の水曜日に、銀座の山形アンテナショップで買ってきたのだが、あれから帰りが遅くなったり、泊まりがけの出張が入ったりしたので、今日までお預けをくっていた。

米そのもののうまさを強調するために、おかずはできるだけシンプルに、鯛汁、秋なすの焼き物、野沢菜昆布の三種類に絞り込んだ夕食である。

一口食べて、「うん、確かにこれは旨い」 と思った。名前の通りに艶があり、粒が立ち、味わいがあり、かみしめるともっちり感が際だつ。そして、食べ終わってからの後味もいい。これなら謳い文句の通り、冷めてもおいしいだろうと思う。

これはヒットするな。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 神田川水の流れもビル影もふと止まりゐる秋の夕暮れ | トップページ | 松茸を千円で売ると呼ぶ声を残し上野の風は吹き過ぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふるさとの新米炊けばふるさとの移り香のして秋の夜は更く:

« 神田川水の流れもビル影もふと止まりゐる秋の夕暮れ | トップページ | 松茸を千円で売ると呼ぶ声を残し上野の風は吹き過ぐ »