« 秋の日に秋らしき日とひとりごち欠くるものなく望む夕焼け | トップページ | 街灯に光る薄の穂陰にて尿(いばり)する猫に秋の夜長し »

2010年10月17日

秋の日のフロントガラスに座りゐる蛙と見合ひ五十キロ走りぬ

Thirty mile drive / With a tiny frog / Watching  each other through the windshield


Wl101017

不思議な写真だが、車のフロントガラスにカエルが居着いてしまったところである。

今日、仕事で古河まで行こうとして、我が家を出発したとたんに車の屋根からカエルがフロントガラスに降りてきて、ちょこんと座ったまま動かなくなってしまった。

路肩に停まり、内側から指で突いたりしたが全然動じない。仕方がないから、お見合い状態のまま目的地まで同行してもらった。到着したときは屋根に移っていて、ちょんと突いたらジャンプして、近くの草むらに消えた。

たった一時間ほどで約五十キロの遠くまで来てしまったわけで、カエルにしてはずいぶんな長距離移動で、さぞ疲れたことだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 秋の日に秋らしき日とひとりごち欠くるものなく望む夕焼け | トップページ | 街灯に光る薄の穂陰にて尿(いばり)する猫に秋の夜長し »

コメント

こんな経験って
一生のうちそうざらにあることとは思えません!

しかし50㎞も住み慣れた土地を離れた彼(彼女)の
その後の運命は・・どうなったのでありましょう!
はたして上手く周りと馴染んで生きていけるか・・
それを思うとなんだか切ないです!

投稿: 歩遅子 | 2010年10月18日 23時57分

歩遅子 さん:

案外たくましく生きていってくれるんじゃないかと思ってるんですがね。

投稿: tak | 2010年10月19日 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の日のフロントガラスに座りゐる蛙と見合ひ五十キロ走りぬ:

« 秋の日に秋らしき日とひとりごち欠くるものなく望む夕焼け | トップページ | 街灯に光る薄の穂陰にて尿(いばり)する猫に秋の夜長し »