« 飛びゐても葦の先でも風を受け秋津は羽を揺らし張るなり | トップページ | 黄金の竿てふ花のこの秋も泡立てる黄に色付きにけり »

2010年10月14日

観音は三十三身と現れて衆生を救ふチリの地にても

The Kannon, Buddhism symbol of mercy / Saves us appearing as thirty three different bodies / As well in Chilie


Wl101014

三十三人全員が救出されるまでは、ブログでは騒がないことにしていたが、ようやく解禁。

ニュースをみて、不意に「観世音菩薩は三十三身に現れて衆生を済度し給う」 というのを思い出した。彼らは世界にとって、観世音菩薩の役割を果たしたかもしれない。

生還、おめでとう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 飛びゐても葦の先でも風を受け秋津は羽を揺らし張るなり | トップページ | 黄金の竿てふ花のこの秋も泡立てる黄に色付きにけり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観音は三十三身と現れて衆生を救ふチリの地にても:

« 飛びゐても葦の先でも風を受け秋津は羽を揺らし張るなり | トップページ | 黄金の竿てふ花のこの秋も泡立てる黄に色付きにけり »