« デジタルの波動を圧し艶やかに南瓜は時を封じて堅し | トップページ | 香り立つ蕎麦をたぐりぬ常陸なる里に深まる秋空の下 »

2010年10月 3日

月草の移ろふ野辺に鳴く虫の声ぞ添ひ来る家路辿れば


Wl101003

結構な残暑に感じたが、茨城南部の最高気温は二十五度の達しなかったようで、夏日にはならなかったらしい。とはいえ、日差しの強いところではじりじりと感じるほどだった。

日曜日だが一日中、仕事で外出。日が暮れてから戻ってきたが、自宅までもたず、途中のショッピングセンターでインドカレーの夕食をとった。

日曜だけに、駐車場はくるまでびっしりと埋まっていた。アメリカナイズされた光景だが、車はコンパクトカーがやたらと多く、日本そのものである。

今日の歌、平安貴族だったら結句は 「辿る恋路に」 とでもするところだろうなあ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« デジタルの波動を圧し艶やかに南瓜は時を封じて堅し | トップページ | 香り立つ蕎麦をたぐりぬ常陸なる里に深まる秋空の下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月草の移ろふ野辺に鳴く虫の声ぞ添ひ来る家路辿れば:

« デジタルの波動を圧し艶やかに南瓜は時を封じて堅し | トップページ | 香り立つ蕎麦をたぐりぬ常陸なる里に深まる秋空の下 »