« 街灯に光る薄の穂陰にて尿(いばり)する猫に秋の夜長し | トップページ | 苅田来てひこばえに成る穂を見れば去りにし夏の日を思ひけり »

2010年10月19日

風受けて日暮れの頬に甦る長らく忘れゐし冷たさよ

My  cheeks suddenly recalled / evening coldness  / blown by the autumn wind


Wl101019

にわかには何の写真家分からないだろうと思う。これは上野駅の常磐線快速電車のホームで、十両目と十一両目の連結されている隙間から、下の長距離列車のホームを透かしみたところだ。

ロールシャッハ・テストってこんな感じの図をみるんだっけかなんて、思い出している。

今日は日暮れの風を受けると頬が冷たく感じた。長らく忘れていた感覚だ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 街灯に光る薄の穂陰にて尿(いばり)する猫に秋の夜長し | トップページ | 苅田来てひこばえに成る穂を見れば去りにし夏の日を思ひけり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風受けて日暮れの頬に甦る長らく忘れゐし冷たさよ:

« 街灯に光る薄の穂陰にて尿(いばり)する猫に秋の夜長し | トップページ | 苅田来てひこばえに成る穂を見れば去りにし夏の日を思ひけり »