« 秋の日のフロントガラスに座りゐる蛙と見合ひ五十キロ走りぬ | トップページ | 風受けて日暮れの頬に甦る長らく忘れゐし冷たさよ »

2010年10月18日

街灯に光る薄の穂陰にて尿(いばり)する猫に秋の夜長し

A cat urinates unhurriedly / Under the ears of pampas grass / Reflecting the street lamp


Wl101018

日中はかなり気温が上がったが、日が暮れてしまうと涼しい。帰宅すると、街頭の明かりでススキの穂が光っていた。

ススキの下では、我が家の猫がしゃがみ込んで、小便をしている。

猫の小便の姿はシャッターチャンスを逃してしまったが、ススキはいつまでも光り続けている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 秋の日のフロントガラスに座りゐる蛙と見合ひ五十キロ走りぬ | トップページ | 風受けて日暮れの頬に甦る長らく忘れゐし冷たさよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 街灯に光る薄の穂陰にて尿(いばり)する猫に秋の夜長し:

« 秋の日のフロントガラスに座りゐる蛙と見合ひ五十キロ走りぬ | トップページ | 風受けて日暮れの頬に甦る長らく忘れゐし冷たさよ »