« 松茸を千円で売ると呼ぶ声を残し上野の風は吹き過ぐ | トップページ | 明くる日は野分の来るといふ空に冷たき雲の渡りゐるなり »

2010年10月28日

越前の土産の菓子は木枯らしの吹く日に残り二つとなりぬ

Only two piece leftovers / Of refreshment from Echizen / In this cold day


Wl101028

今日は本当に寒い一日だった。はやばやと冬になったような陽気だ。

ところで、先日福井に出張した際にもらってきた土産の和菓子が、我が家で好評だ。

熊が出たとニュースになった勝山の名物らしいのだが、「羽二重くるみ」 と 「おやき」 である。ウチの娘たちは洋菓子が好みで、和菓子はあまり食べたがらないのだが、これはおいしいと言ってぱくぱく食べて、もうこの二つしか残っていない。これも程なく消えてしまうだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 松茸を千円で売ると呼ぶ声を残し上野の風は吹き過ぐ | トップページ | 明くる日は野分の来るといふ空に冷たき雲の渡りゐるなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 越前の土産の菓子は木枯らしの吹く日に残り二つとなりぬ:

« 松茸を千円で売ると呼ぶ声を残し上野の風は吹き過ぐ | トップページ | 明くる日は野分の来るといふ空に冷たき雲の渡りゐるなり »