« 苅田来てひこばえに成る穂を見れば去りにし夏の日を思ひけり | トップページ | 日を知るといふ名の橋を仰ぎ見て旅行く先の空を偲べり »

2010年10月21日

秋の暮れ恋ふ人もなく沈むでもなく街の灯を浴びて歩かむ

Even autumn twilight  / Does not make me sad / For I have forgot passionate love


Wl101021

近頃日の暮れるのが早くなった。関東だと、夕方の五時を過ぎればもう暗くなり始めている。これからはつるべ落としのような夕暮れになる。

日暮れが早くなると、やはり少しもの寂しい気持ちになる。このままずっともの寂しさが続いて、最近は十二月になってクリスマスが近づいてもあまり陽気にはならない。

年が明けて日暮れが遅くなり始めてから、ようやくまた元気が出てくるという繰り返しだ。まあ、もの寂しくても沈み込んだりはしないのだけれどね。

写真は昭和通りの秋葉原付近。この辺りもずいぶん大きなビルが建ち並ぶようになった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 苅田来てひこばえに成る穂を見れば去りにし夏の日を思ひけり | トップページ | 日を知るといふ名の橋を仰ぎ見て旅行く先の空を偲べり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の暮れ恋ふ人もなく沈むでもなく街の灯を浴びて歩かむ:

« 苅田来てひこばえに成る穂を見れば去りにし夏の日を思ひけり | トップページ | 日を知るといふ名の橋を仰ぎ見て旅行く先の空を偲べり »