« 観音は三十三身と現れて衆生を救ふチリの地にても | トップページ | 秋の日に秋らしき日とひとりごち欠くるものなく望む夕焼け »

2010年10月15日

黄金の竿てふ花のこの秋も泡立てる黄に色付きにけり

Tall goldenrods / have turned Gold / Or coarse yellow


Wl101015

セイタカアワダチソウがいつの間にか色付いている。

このセイタカアワダチソウというのは、日本ではなんとなく憎々しげに思われているが、米国ではそうでもないらしく、なんと英語では "Goldenrods"(黄金の竿) というのだそうだ。

名前からしてあまり憎まれていないと感じられるが、さらに、ケンタッキー州では州花にまでなっているらしい。

どうもこの花は日本の光景には合わないと思ってしまうのだが。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 観音は三十三身と現れて衆生を救ふチリの地にても | トップページ | 秋の日に秋らしき日とひとりごち欠くるものなく望む夕焼け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄金の竿てふ花のこの秋も泡立てる黄に色付きにけり:

« 観音は三十三身と現れて衆生を救ふチリの地にても | トップページ | 秋の日に秋らしき日とひとりごち欠くるものなく望む夕焼け »