« 黒猫の子犬の如く甘え来て栲繩 (たくなは) の長き秋の夜は更く | トップページ | 鴨たちの来る頃となり行く川も冷たき空の色こそ湛へ »

2010年10月 6日

駅までの空さやかにて道ばたの狗尾草の揺る風もなし


Wl101006

今日は昨日とくらべてもすっきりとした秋らしい日だった。近頃では、いかにも春らしい日と、いかにも秋らしい日は貴重だから、よく深呼吸をしておいた。

写真は取手駅に辿る道ばたのネコジャラシ。ちゃんとした言い方では、エノコログサと言う。ウチの猫の鼻先に近づけて揺らしてやると、狂喜して飛びついてくる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 黒猫の子犬の如く甘え来て栲繩 (たくなは) の長き秋の夜は更く | トップページ | 鴨たちの来る頃となり行く川も冷たき空の色こそ湛へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅までの空さやかにて道ばたの狗尾草の揺る風もなし:

« 黒猫の子犬の如く甘え来て栲繩 (たくなは) の長き秋の夜は更く | トップページ | 鴨たちの来る頃となり行く川も冷たき空の色こそ湛へ »