« 鴨たちの来る頃となり行く川も冷たき空の色こそ湛へ | トップページ | 雨の夜の街の灯映し海よりも深き路面に我は乗り出す »

2010年10月 8日

秋晴れに遅れて来たる子の如く白き木槿は身を縮め咲く


Wl101008

めちゃくちゃ暑かった真夏の間は、我が家の裏手のムクゲの花が少なかったのだが、少し涼しくなってきたあたりから、ようやくどんどん咲き始めた。

「木槿」 というのは、歳時記では秋の季語なので、今頃になってから花が増えても不思議じゃないが、例年は真夏の時期からどんどん花が開いていた。

あの暑かった時期は、さすがにムクゲにもしんどかったのだろう。野菜だって少なかったのだから、花もさぞ咲きにくかったに違いない。今日になっても、花ぶりが少し小さいような気がする。

いつもの年は十月半ばを過ぎると花の数がぐっと少なくなるが、今年はどうだろう。ようやくまともに咲き始めたのだから、かなり遅くまで咲くのか、あるいは、体力が尽きて早めに終わってしまうのか。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 鴨たちの来る頃となり行く川も冷たき空の色こそ湛へ | トップページ | 雨の夜の街の灯映し海よりも深き路面に我は乗り出す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋晴れに遅れて来たる子の如く白き木槿は身を縮め咲く:

« 鴨たちの来る頃となり行く川も冷たき空の色こそ湛へ | トップページ | 雨の夜の街の灯映し海よりも深き路面に我は乗り出す »