« 駅までの空さやかにて道ばたの狗尾草の揺る風もなし | トップページ | 秋晴れに遅れて来たる子の如く白き木槿は身を縮め咲く »

2010年10月 7日

鴨たちの来る頃となり行く川も冷たき空の色こそ湛へ


Wl101007a

我が家の裏の川に、また鴨たちが現れ始めた。秋から春にかけて、鴨たちがこの辺りの川で過ごす。

鴨たちがこの川にいるのは冬を越すためだから、水の色はどうしても冬らしい冷たい色になる。それで、私なんか、「鴨はあんな冷たそうな水に浸かって、よく風邪引かないなあ」 なんて思ってしまうのである。

この冬も、せいぜい鴨たちを驚かせないように、時々写真を撮らせてもらうことにしよう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 駅までの空さやかにて道ばたの狗尾草の揺る風もなし | トップページ | 秋晴れに遅れて来たる子の如く白き木槿は身を縮め咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鴨たちの来る頃となり行く川も冷たき空の色こそ湛へ:

« 駅までの空さやかにて道ばたの狗尾草の揺る風もなし | トップページ | 秋晴れに遅れて来たる子の如く白き木槿は身を縮め咲く »