« 月草の移ろふ野辺に鳴く虫の声ぞ添ひ来る家路辿れば | トップページ | 黒猫の子犬の如く甘え来て栲繩 (たくなは) の長き秋の夜は更く »

2010年10月 4日

香り立つ蕎麦をたぐりぬ常陸なる里に深まる秋空の下


Wl101004

久しぶりで守谷の美里という店の蕎麦を食った。この店は、取手、守谷近辺で三本指に入る蕎麦を食わせてくれる店だと思う。

三本指と書いたが、個人的には多分、一番旨い蕎麦だとも思う。今日も大変満足した。

多分、今日のところは違うだろうが、もうすぐ新蕎麦を食わせてもらえる季節である。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 月草の移ろふ野辺に鳴く虫の声ぞ添ひ来る家路辿れば | トップページ | 黒猫の子犬の如く甘え来て栲繩 (たくなは) の長き秋の夜は更く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香り立つ蕎麦をたぐりぬ常陸なる里に深まる秋空の下:

« 月草の移ろふ野辺に鳴く虫の声ぞ添ひ来る家路辿れば | トップページ | 黒猫の子犬の如く甘え来て栲繩 (たくなは) の長き秋の夜は更く »