« 蒼天の彼方に見ゆる富士の嶺の雪いただきて秋は深まる | トップページ | そこここに波紋浮かびて魚潜むと知れども鴨はただ浮かびゐる »

2010年11月 3日

日を受けて光る薄の穂の下で揺るる川面は空の色なり

The sky reflects on the ripples / Of the river under the pampas grasses / Shining in the autumn shade


Wl101103

今日は昨日よりも安定したいい天気だったかもしれない。さすがに文化の日、昔で言えば明治節の日は、よく晴れる。

薄の穂が日を受けて輝きながら、風になびいている。川面にはさざ波が揺れる。いかにも秋らしいのどかな日だ。

近頃は天気が極端から極端に振れすぎだが、こんな日がたまにはあってもいい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 蒼天の彼方に見ゆる富士の嶺の雪いただきて秋は深まる | トップページ | そこここに波紋浮かびて魚潜むと知れども鴨はただ浮かびゐる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日を受けて光る薄の穂の下で揺るる川面は空の色なり:

« 蒼天の彼方に見ゆる富士の嶺の雪いただきて秋は深まる | トップページ | そこここに波紋浮かびて魚潜むと知れども鴨はただ浮かびゐる »