« 雨上がり空に青さの戻り来てプラタナスの葉色づき始む | トップページ | 日を受けて光る薄の穂の下で揺るる川面は空の色なり »

2010年11月 2日

蒼天の彼方に見ゆる富士の嶺の雪いただきて秋は深まる

The top of the Mount Fuji / Covered with white snow / A long way over the blue sky


Wl101102

昼頃には薄曇りになってしまったが、今朝は気持ちのいい晴天だった。朝から晴天というのは、先月十一日の体育の日以来だそうだ。

ただ、今日の晴天も予報によれば 「秋晴れというよりは冬晴れと考えた方がいい」 というようなものだそうだ。確かに、日影を歩くとかなり肌寒い。

それでも雲一つない青空というのは、久しぶりに見るとうれしいものである。出がけに遠くを見ると、冠雪した富士山の頂も見えたし。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 雨上がり空に青さの戻り来てプラタナスの葉色づき始む | トップページ | 日を受けて光る薄の穂の下で揺るる川面は空の色なり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒼天の彼方に見ゆる富士の嶺の雪いただきて秋は深まる:

« 雨上がり空に青さの戻り来てプラタナスの葉色づき始む | トップページ | 日を受けて光る薄の穂の下で揺るる川面は空の色なり »