« 栗のいがに鳥の残せるがらんどうの奥まで秋の日は届かざり | トップページ | 新しきアイフォンの内にこれまでのよしなしごとの生き返る不思議 »

2010年11月 8日

柿の枝に柿残りゐて鳥たちも今しばらくの秋に鳴くらむ

Hear the wild birds /  having another autumn songs / For persimmons are still fruited


Wl101108

今日は案外暖かい一日だった。こんなような日が続いてくれれば、まだ秋のような気がする。

裏の川の土手沿いに、柿の木が生えている。誰の地所というわけでもないので、自然に生えたものかもしれない。

誰の地所でもないので、誰もその柿を採らない。毎年、鳥についばまれるまま冬になる。今年はまだずいぶん残っているので、まだ本格的な冬には間があるのだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 栗のいがに鳥の残せるがらんどうの奥まで秋の日は届かざり | トップページ | 新しきアイフォンの内にこれまでのよしなしごとの生き返る不思議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柿の枝に柿残りゐて鳥たちも今しばらくの秋に鳴くらむ:

« 栗のいがに鳥の残せるがらんどうの奥まで秋の日は届かざり | トップページ | 新しきアイフォンの内にこれまでのよしなしごとの生き返る不思議 »