« イザナギとイザナミの山ふところに小春日を浴び我は立つなり | トップページ | 西海の霧果つる処湯気立てて目も眩む日は今昇りくる »

2010年11月20日

大いなる風車を回すおらんだの風の如くに世を吹き行かむ


Wl101120

今日の歌は、ハウステンボスの近くのレストランで夕食を取ったときに詠んだもの。

いかにもオランダの景色のすぐそばで、懐石料理を食べるという不思議な経験をしてしまった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« イザナギとイザナミの山ふところに小春日を浴び我は立つなり | トップページ | 西海の霧果つる処湯気立てて目も眩む日は今昇りくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大いなる風車を回すおらんだの風の如くに世を吹き行かむ:

« イザナギとイザナミの山ふところに小春日を浴び我は立つなり | トップページ | 西海の霧果つる処湯気立てて目も眩む日は今昇りくる »