« 首を曲げ体に埋める鴨の如くマフラーに首を埋める明け方 | トップページ | 栗のいがに鳥の残せるがらんどうの奥まで秋の日は届かざり »

2010年11月 6日

すさまじき声を聞きたる明け方の川に青鷺穏やかに立つ

Grey heron stands  / In the stream so gracefully / Contrasted with its evening caw


Wl101106

裏の川にアオサギ (確かな確証はないが、多分そうだと思う) が来て、流れの中に立っている。

アオサギというのは飛びながらでも鳴くし、夜でも鳴くらしい。道理で近頃、日が暮れてからとか夜明け前とかに、川の方から騒々しい鳴き声が聞こえてくると思ったが、こいつだったのか。

アオサギというのは、その優雅な姿からは想像も付かないほどの、かなり下卑た声で鳴く。オナガという鳥が、結構美しいのに 「ギャー」 という興ざめな鳴き声みたいなものだが、アオサギは 「ゲェー」 という感じで、なおすさまじい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 首を曲げ体に埋める鴨の如くマフラーに首を埋める明け方 | トップページ | 栗のいがに鳥の残せるがらんどうの奥まで秋の日は届かざり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すさまじき声を聞きたる明け方の川に青鷺穏やかに立つ:

« 首を曲げ体に埋める鴨の如くマフラーに首を埋める明け方 | トップページ | 栗のいがに鳥の残せるがらんどうの奥まで秋の日は届かざり »