« 月にても冬のオリオンの足下(そっか)にも兎はありて刀抜かざり | トップページ | 波立たぬ川面に映る夕映えの雲居の色も際も流れず »

2011年1月 2日

何事か願ふこととてなけれども歩きに歩き詣でたりけり

I walked and walked / To visit to shrines / Though I don't realize any wish to pray


Wl110102

今日は箱根駅伝でワセダが惜しいところで往路優勝を逃したものの、総合優勝に望みをつないだのを見届けてから、昼食を取って2時半過ぎに、恒例の初詣のはしごにでかけた。

これは平成二十年から始めて、今年で四回目となる。この辺りの初詣の名所、板橋不動に至るまでの約四キロの道のりを歩いて往復し、その途中にある神社にも寄り道してすべてお参りしようというものだ。

途中で寄り道する分も含めて、行程は約十キロ。今年も二時間四十分かけて歩き通したが、いつもの年より風がなかったので、結構楽だった。

写真は、板橋不動の本堂で、ご祈祷を受ける人たち。東京都内から来ている人もいるようだ。商売繁盛、身体健康、合格祈願、いろいろの願をかけて祈祷してもらっているようである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 月にても冬のオリオンの足下(そっか)にも兎はありて刀抜かざり | トップページ | 波立たぬ川面に映る夕映えの雲居の色も際も流れず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何事か願ふこととてなけれども歩きに歩き詣でたりけり:

« 月にても冬のオリオンの足下(そっか)にも兎はありて刀抜かざり | トップページ | 波立たぬ川面に映る夕映えの雲居の色も際も流れず »