« 立春の風受けながら新しきアプリケーション使ひ初めたり | トップページ | 大雪を分けて誕生日プレゼントは届けりと父喜びゐたり »

2011年2月 5日

椋鳥も己が姿を映す水の温みたるとや思ひゐるらむ

Starlings may feel / The steam not so cold / Seeing their own reflections


Wl110205

あの暑い夏を境に、我が家の付近から雀が姿を消してしまい、心配していた (参照) が、最近ようやく再び姿を見せ始めた。まあ、地球上から絶滅してしまったわけではないので、いつかは戻ってくると思ってはいたが、ひとまず安心した。

その戻ってきた姿を写真に撮ろうとしているのだけれど、これがなかなか難しい。うまくタイミングを合わせてカメラを向けるまでに至らない。

今日、我が家の裏手の川の土手にいたら、鳥の鳴き声がして、対岸の水辺に何羽かの小鳥が降り立った。さっそくポケットからカメラを取り出したのだが、これは雀ではなく、ムクドリだった。雀というありふれた鳥を写すのが、こんなに難しいとは思わなかった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 立春の風受けながら新しきアプリケーション使ひ初めたり | トップページ | 大雪を分けて誕生日プレゼントは届けりと父喜びゐたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 椋鳥も己が姿を映す水の温みたるとや思ひゐるらむ:

« 立春の風受けながら新しきアプリケーション使ひ初めたり | トップページ | 大雪を分けて誕生日プレゼントは届けりと父喜びゐたり »