« 続きゐるテールランプの連なりは朧となりぬわずかながらも | トップページ | 淡雪は降り吹く風は冷たくも春と信ぜよ二月末日 »

2011年2月27日

我が庭の梅の蕾の膨れたるに気づきし朝の日差しのどけし

Mild sunshine / In the morning / I found my ume buds swollen


Wl110227

我が家の庭の梅の蕾が膨らみ始めた。隣の家の庭では既に咲き始めているが、我が家の梅は遅咲きである。三月中旬ぐらいになってようやく咲くようになる。だから、毎年呑気に待つのである。

今日は朝からいい天気で、梅の蕾も日に照らされて気持ちがよさそうだ。ところが、午後から曇って、夜中には雨が降り始めるという。今の季節は、本当に油断がならない。

とはいえ、梅の蕾が膨らむ季節になると、ほっとする。冬が過ぎて春を迎えるというのは、いくつになってもなかなかいいものだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 続きゐるテールランプの連なりは朧となりぬわずかながらも | トップページ | 淡雪は降り吹く風は冷たくも春と信ぜよ二月末日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が庭の梅の蕾の膨れたるに気づきし朝の日差しのどけし:

« 続きゐるテールランプの連なりは朧となりぬわずかながらも | トップページ | 淡雪は降り吹く風は冷たくも春と信ぜよ二月末日 »