« 久方の虚空を飛び交ひゐるらしき電波捉ふる小さき箱よ | トップページ | 梅の蕾弾けぬうちは朝毎に春はまだかとつぶやきゐるらむ »

2011年3月 2日

広がれる雲居の端をちぎるまで吹く風の末に春はあるらむ

Cold wind tears / The edge of clouds / In the afternoon of early spring


Wl1100302

かなり強烈な寒の戻りのようで、風が冷たい。明日と明後日の夜明けは、つくばあたりでは氷点下三度になるという予報だ。

遠くをみると、風に吹かれる雲が荒々しい。雲の縁は風にちぎられて毛羽立ったように見える。写真に撮っても絵画のような印象だ。

月半ばに名古屋に出張する。翌日の予定を開けておいて、伊勢神宮参拝に行ってみようかと思っている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 久方の虚空を飛び交ひゐるらしき電波捉ふる小さき箱よ | トップページ | 梅の蕾弾けぬうちは朝毎に春はまだかとつぶやきゐるらむ »

コメント

なんて素敵な写真でしょう!!!!
すばらしい====!!!!
かっこいい
空=!!

投稿: tokiko68 | 2011年3月 5日 08時06分

>広がれる雲居の端をちぎるまで吹く風の末に春はあるらむ

すてきな短歌ですね~~~
>末に春はあるらん
ここがいいですね!!!!

投稿: tokiko68 | 2011年3月 5日 08時08分

tokiko68 さん:

時々、まぐれでいい写真が撮れたりします。

そんな時は、歌も気合い入れて作ります (^o^)

投稿: tak | 2011年3月 7日 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広がれる雲居の端をちぎるまで吹く風の末に春はあるらむ:

« 久方の虚空を飛び交ひゐるらしき電波捉ふる小さき箱よ | トップページ | 梅の蕾弾けぬうちは朝毎に春はまだかとつぶやきゐるらむ »